トップ > 井戸水枯渇等/井戸調査について > センサー・ロープの選び方

センサー・ロープの選び方

センサー・ロープの選び方(参考情報です)▼ ロープ式水位計センサー(A・B・C)の選び方
(1) 観測場所に障害物が無い井側井戸、河川、湖、ダムなどの測定は
  Aセンサー(直径φ20mm)を推奨
(2) 観測場所に井戸中配管・水中ポンプなど狭い観測孔の測定は、
  Bセンサー(直径φ13mm)又はCセンサー(直径φ10mm)を推奨
(3) 水位計出荷のセンサー選択割合推計(当社調べ):
  A(φ20mm)3%、B(φ13mm)95%、C(φ10mm)2%
ロープ式水位計ロープ長(30m・50m・100m)の選び方
(1) 観測場所が特定されているボーリング井戸などの測定は:
  30m/50m/100mから選択
(2) 観測場所が不特定多数のボーリング井戸などの水位測定は:
  100mを推奨します。(深井戸対策)
※ 河口付近及び海洋での測定は、『 海水仕様 』をご検討下さい。

井戸水位測定器

ページのトップへ戻る