トップ > 井戸水枯渇等/井戸調査について > 井戸の種類

井戸の種類 - 井側井戸 - 突井戸 - ボーリング井戸

井側井戸(掘り抜き井戸)
深さ5m~10m/φ60cm~2m程度の手堀の穴に石材・コンクリート管等で廻りを補強した井戸。
管底には、小石等が敷き詰められ、地下水の浄化の役目を果たしている。
揚水はロープ付容器・手押しポンプ・電動ポンプ等で行われる。
川本製作所製ポンプ
水質検査の採水の為、で手押しポンプを持参し揚水しました。

突井戸(打ち込み井戸・打ち抜き井戸)
深さ5m~15m程度の浅井戸でφ32mm前後の鉄管を地中に打ち込んで造られる
鉄管の先端部分は鋭角で穴が数ヶ所あいている(ストレナー・逆止弁?)
地上部分には砂濾器等が接続される場合があり、ポンプ(浅井戸用)で揚水する。
突き井戸用の砂濾し器交換 安全バルブ取付、約2年間の水位観測
ボーリング井戸(浅井戸、深井戸)
現在ではほとんどこのボーリング井戸が掘られている。
配管の内径は75mm,100mm,150mm等が使用され、一般的にはφ100mmが多い。
水脈が低い場合には、深井戸用ポンプや水中ポンプを使用している。
川本製作所製ポンプ
家庭用浅井戸ポンプ交換

井戸水枯渇等/井戸調査メニュー

ページのトップへ戻る